<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

テレビで売れない芸人のドキュメンタリーをやっていた。
売れない 食えない 笑えない ~年収100万円 芸人物語~』というそのタイトルの「年収100万円」の文字に、ハッとなった。

私って、もしかしたらそれ以下じゃん。

年商こそ、そこそこの金額になるけれど、家賃払って、借入金の返済をして、仕入れの代金を支払ったら、手元に残るお金はほとんどない。
そんな生活をもう3年あまり。やりがいがあるので今さら雇われの身分にはなりたくないけれど、金額で言ったらパートやアルバイトの方が全然上。そんな情けない状況が、開業4年目の個人事業主の現状。
予定では、借入金の返済はあと3年半ぐらい。それまで店を維持できるかどうか、悶々とする日々。

サラリーマン時代は年収800万ぐらい稼いでいたので、旦那を養うぐらいの勢いで日々格闘していたけれど、今は旦那に養ってもらっている。
扶養される、という身分になることが嫌で、会社を辞めても自分が働かないという選択肢はなかった。
でも、結果的に扶養されている状態が、最初は嫌で嫌で仕方なかった。
今はそれにも慣れてきてしまい、それでいいのか?と自問自答する。

そんな中、お店で大切な人へのプレゼントを選ぶ方のお手伝いをさせてもらったり、「アルバイトは募集していないのですか?」とメールをくれる専門学校生や、「こんなお店で働けるんだったら、何かお手伝いさせてもらいたいわぁ」と言ってくれる母親ぐらいの年齢のお客さんに出会ったり、自分が輸入している色鉛筆シャープペンシルハニカムペーパーボールなどのお問い合わせをいただき、「これをずっと探していました」「見つかって嬉しいです」などの声をいただくと、これでも少しは人の役には立っているのかな、と思えるので、私の「年収100万円以下生活」はなんとか続いている。

立春から1月以上経つのに、なかなか春らしい陽気に恵まれず、2月がまだ続いているような不景気の中、落ち込んだり、励まされたり、また落ち込んだり、を繰り返しながら春の到来が待ちわびている。