カテゴリ:ふと思ったこと( 4 )


5月の雨。
このところ夏日が続いていたので、今日のような5月の雨を見ていると、この3年前のあの日のことを思い出します。

3年前の第1回「井のいち」は台風2号が日本列島に上陸するという、観測史上稀な5月の荒天の中、神々しくその第一歩を踏み出しました。

「雨天決行」と打ち出したものの、本当に雨が降るという試練。出店者も半分ぐらい出店を見合わせてしまいましたが、雨の中傘をさして来場してくださったお客様の多さに心から感動したのを思い出します。

YouTubeで見つけたこの映像も、そんなお客様の一人が撮影してくださったもの。今年の「井のいち」でもトリを務めていただいたSTUDIO RHYTHMOONさんには第2回からはステージから下りて観客と一体となったパフォーマンスを披露していただいているので、神楽殿でのステージはとてもレアな映像。雨乞いの逆で「雨よ、これ以上降らないで」と祈りを捧げるような時間で、実際この時間は雨足が弱まっていたのですが、「井のいち」の終了時刻の4時を迎えたとたん、ザーッ!と大雨が降って来たことを覚えています。

第1回「井のいち」の模様は、鉾立 榮一朗さんが書いてくださったブログがとても詳細なので、そちらをご参照ください。

この貴重な体験がきっかけとなり、第2回からは出店者ではなく実行委員として参画、
http://fumiko1968.exblog.jp/18077174/
http://curiousjpn.exblog.jp/15379581/
http://curiousjpn.exblog.jp/17826955/
以来、毎年素晴らしい晴天に恵まれ、一度も雨は降っていません。

「井のいち」実行委員を中心に出店させていただいている、8月第1日曜日に3年前から開催されている「ちゃが馬七夕」も同様で、第1回は雨の洗礼を受けましたが、第2回からは同じく晴天に恵まれています(夕刻になっても残暑が厳しいぐらい!)。
http://nerima.keizai.biz/headline/167/

「井のいち」を開催する度に、「このお祭りは年何回やっているのですか?」と、来場されたお客様に訊ねられますが、「年1回、毎年5月第3日曜日に開催しています」とお伝えしていますが、今年も同じ質問を多々いただきました。知っていたけれど今年初めて来た、というお客様も多く、まだまだ発展途上の感はあるものの、年々良くなって来ていると実感しています。

つい3日前の晴天の一日と、この3年間の5月の一日に思いを馳せる、雨の一日。3日前が雨じゃなくて本当によかったです。


テレビで売れない芸人のドキュメンタリーをやっていた。
売れない 食えない 笑えない ~年収100万円 芸人物語~』というそのタイトルの「年収100万円」の文字に、ハッとなった。

私って、もしかしたらそれ以下じゃん。

年商こそ、そこそこの金額になるけれど、家賃払って、借入金の返済をして、仕入れの代金を支払ったら、手元に残るお金はほとんどない。
そんな生活をもう3年あまり。やりがいがあるので今さら雇われの身分にはなりたくないけれど、金額で言ったらパートやアルバイトの方が全然上。そんな情けない状況が、開業4年目の個人事業主の現状。
予定では、借入金の返済はあと3年半ぐらい。それまで店を維持できるかどうか、悶々とする日々。

サラリーマン時代は年収800万ぐらい稼いでいたので、旦那を養うぐらいの勢いで日々格闘していたけれど、今は旦那に養ってもらっている。
扶養される、という身分になることが嫌で、会社を辞めても自分が働かないという選択肢はなかった。
でも、結果的に扶養されている状態が、最初は嫌で嫌で仕方なかった。
今はそれにも慣れてきてしまい、それでいいのか?と自問自答する。

そんな中、お店で大切な人へのプレゼントを選ぶ方のお手伝いをさせてもらったり、「アルバイトは募集していないのですか?」とメールをくれる専門学校生や、「こんなお店で働けるんだったら、何かお手伝いさせてもらいたいわぁ」と言ってくれる母親ぐらいの年齢のお客さんに出会ったり、自分が輸入している色鉛筆シャープペンシルハニカムペーパーボールなどのお問い合わせをいただき、「これをずっと探していました」「見つかって嬉しいです」などの声をいただくと、これでも少しは人の役には立っているのかな、と思えるので、私の「年収100万円以下生活」はなんとか続いている。

立春から1月以上経つのに、なかなか春らしい陽気に恵まれず、2月がまだ続いているような不景気の中、落ち込んだり、励まされたり、また落ち込んだり、を繰り返しながら春の到来が待ちわびている。


DeAGOSTINIがCMを大量投入している「大草原の小さな家 DVDコレクション」。
幼い時に刷り込まれた映像と音楽というのは、否応無しに反応してしまうのが恐ろしい。

通常価格1490円のところ、創刊号は特別価格790円、というお約束の激安商法。
しかし、全68号を購入すると
¥790+¥1490×67=¥100,620 !!

隔週刊だから、全68号を全部発行されるのに136週かかるので、
2年と32週で完結、という気が遠くなるようなプロジェクト。
月に¥1490×2=¥2980程度なら出せないことはないけれど、
気づくと10万円以上注ぎ込むことになる訳だ。

1号あたり3話収録、というペースは無理の無いペースではあるが、
一気に見たい人にとってはまどろっこしい。
DVD-BOXの方が場所を取らないし、いいのでは・・・とamazonを検索。

大草原の小さな家シーズン 1 DVD-SET
大草原の小さな家シーズン 2 DVD-SET
大草原の小さな家シーズン 3 DVD-SET
大草原の小さな家シーズン 4 DVD-SET
大草原の小さな家シーズン 5 DVD-SET
大草原の小さな家シーズン 6 DVD-SET
は定価¥4980が¥3949〜¥4441。

シーズン7は初回限定生産¥17,800がもう定価で手に入らないが、
シーズン8 は初回限定生産¥17,800がamazon価格¥15,873。
シーズン9は未発売だが、それが出る頃にはシーズン7&8も順次低価格版になると想定されるので、DVD-BOXで揃えた方がどう考えても安くつく。
DeAGOSTINIのマガジンをどうしても揃えたい、というのなら別だけれど。

それにしても、1シーズンあたり17〜18時間あるので、現在廉価版が出ているシーズン6まで一気に購入しても、毎日2話ずつ見ても1年近くかかる計算。
見てみたいけど、そんな時間が果たしてあるのかどうか(笑)



「大草原の小さな家」(原題:Little House on the Prairie
アメリカ・NBC製作
1975年〜1982年放送(NHK総合)


Yahoo!ブログから引っ越して来ました。

お店のブログと同じブログを使う方が何かと使い勝手がいいかなーと思ったので、何の記念日でもありませんが、突然開設してしまいました。

急に秋らしくなって、ちょっとびっくりな今日この頃。