フラックスシード入りチョコレート

e0201486_2261627.jpg
インテリアライフスタイル展で隣のブースに出展していたFaltic FlaxのBorisがくれたチョコレート。ブースでお客様にプレゼントするためにリトアニアから持ち込まれたものですが、ちょこちょこ合間に「食べる?」と差し出してくれて、最終日に残った分も「どうぞ♪」とプレゼントしてくれました。
最初にもらった時に「Linusって何?」と聞いたら、「linenのことだよ」と横からPAPER FANTASIESの社長が言うので、リネン製品を扱っているBorisがプロモーションで作ったのかと思っていましたが、中に入っている粒々がフラックスシード(麻の実)で、だから「Linus」と書いてあるのだということが後でわかりました。
「フラックスシード」と聞いて、フラックスシードオイル(亜麻仁油)のことが頭に浮かび、そうか、麻の実は健康にいいってことなのか、と思って調べてみると、欧米では健康食として知られているようなのですが、生のフラックスシードには微量のシアン化合物が含まれているため、加熱したものかしか日本には輸入されていないようで、しかも食用ではなく、ペットフードとして売られているようです。亜麻仁油は非加熱で摂取した方がいいらしいし、なんだかややこしい…。

リトアニアでは普通に売ってるのかな。
異国の地から密輸?されたチョコレートも、残りあと5つ。

by curious_fumiko | 2014-06-15 01:36 | 食べたもの