什器萌え

e0201486_1482833.jpgアメリカの問屋さんのサイトで見つけてしまい、ついつい大人買いしてしまった。
ちょうど在庫がなくなった種類があったし・・・と言い訳しつつ、あれ?よく見たら0.3mmがラインナップから外れている。
Pentel of Americaのサイトからも無くなってる。ついにアメリカでも廃盤・・・?

1962年に世界初の粘土芯に代わる合成樹脂を使用した「ハイポリマー芯」を開発、発売し、1968年には世界最初の0.3mm極細芯を使用した製図専門家用シャープ「ぺんてる メカニカ」を発売したぺんてるが生み出した“SHARP”ことP200シリーズは、P203(0.3mm)・P205(0.5mm)・P207(0.7mm)・P209(0.9mm)のラインナップとして1970年代前半にデビュー、全世界に根強いファンを持つ名品。日本でも20年ぐらい前までは普通に買えたのに、今では海外でしか買えない稀少品。なので年に数回、逆輸入している。
この商品をお探しの方から何度もメールやお電話をいただいたり、朝一番で来店された方が10本ぐらい買って帰られたり、根強いファンが多数おられることを実感している商品。0.5mmが一番売れますが、お薦めは0.7mmと0.9mm。0.5mmのシャープペンしか使ったことの無い方には是非とも体験していただきたい。
by curious_fumiko | 2011-04-21 02:46 | お店のこと