掴みどころのない不安。

生涯で最大規模の地震を経験して、思っていた以上に自分のキャパシティが小さかったことを思い知る。

昨日の夕方から背中を中心とした節々の痛みに、風邪を引いたのかと思って薬を飲んで早く休んだが、熱が上がる様子はなく、ずっと背中の痛みが続く。

背中の痛みや神経痛などについてネットで調べていると、ストレス性のものがあることがわかり、もしかしてそれなのかと思っていたら、香山リカさんのツイートで今日本国民の誰もがPTSDに陥りやすい状況にあるのだと知る。

香山さん曰く、
直接の被災者じゃない人が、自分をPTSDにしないために。まず、食べてからだを休めること。これに尽きます。以前は「不安や恐怖など語って聞いてもらったほうがいい」と言われてましたが、いまはそれは精神医学的に否定されてます。

家族や知人の無事を確認し、安心した今でも、テレビの映像を見ていると、何かしなければと思う自分に対し、何もできない自分への無力さが襲ってくる。
もう、ネットもテレビも全てシャットダウンして、早く寝るべきだと思いながら、情報を求めて、ネットもテレビも消すことができない。

今は温かいお風呂と温かい食事ができることに感謝しつつ、できるだけ節電に務めることが先決。

炊飯器はとても電力を要するので、今日は圧力鍋でごはんを炊いてみた。
慣れないので少し硬めになってしまったけれど、電力需要の集中する18時〜20時を避けて17時前に早めに炊いたため、食べる頃には更に硬くなってしまった。
これを電子レンジで温めるのは本末転倒な気がしたが、後で調べてみると、
炊飯器の保温電力2時間分と、電子レンジの加熱電力では、1分程度なら電子レンジで再加熱する方が消費電力が少ないことが判明。1分半以上加熱が必要になってくると逆転してしまうが、いずれにしてもガスでご飯を炊いたことの意味はあったようなので安心する。

体にいいものを摂取しようと、いつもは買わないレンコンを買ってカレーに入れたり酢漬けを作ってみたり、青森のりんごが特売になっていたのを見て久々にりんごを一袋買ってみたり、土曜日にgenroさんの店先で買った洋傘パン店さんのポルボローネでコーヒーをいただいたり、とにかく今日一日リラックスして過ごしてみたけれど、まだ背中の痛みは取れない。
今、旦那に背中に消炎剤を塗ってもらった。
少し楽になったような気がする。

今日もいつもより早く寝ることにしよう。


by curious_fumiko | 2011-03-13 22:06 | 日々のいろいろ