川越さんぽ

土曜日に学校開放(授業参観)があったため、月曜日は代休の息子が、かねてから行きたがっていた川越に行ってきました。
かねてから、と言っても、10月末に「社会体験学習」として学校で出かけた川越の駄菓子横町が楽しかったため、また行きたい、とねだられていたのです。

私はかなり久々の川越だったので、息子に道案内をしてもらいながら、蔵造りの町並みを楽しみました。

e0201486_0304832.jpge0201486_191344.jpg蔵造りの町並みが始まる仲町交差点から一番に目に入る、亀屋本店(山崎家住宅)。
その斜向かいに見えるのが、CAFE ELEVATO(田中家住宅)。水曜定休のはずなのに、残念ながら、お休みでした。

e0201486_18554.jpg息子の目標はまだまだ先にあるのでずんずんと進み、札の辻交差点を曲がってしばらく行くと、菓子屋横町の角にある江戸屋さん。菓子屋横町は月曜定休の店がいくつかあり、他のエリアに比べると少し閑散としていましたが、ここは商品の品揃えが豊富なので、入れ替わり立ち替わりお客さんが入ってきます。
息子のお目当てもこのお店。駄菓子ではなく、玩具のピストルを買いたかったようで(さすがに社会体験学習の時には買えなかったので)お目当ての品を自分の小遣いで買い、従弟たちへのお土産の駄菓子は私持ちで息子が選びました。

歩いた道と、撮った写真とを整理していると、それこそ私が社会体験学習を始めることになってしまいそうなので詳細は割愛しますが、
[その他の写真]
[撮影場所一覧]
はこちらにまとめました。月曜以外にまた来てみたいです。

川越さんぽは早足で切り上げたので、上石神井に戻って来た頃にちょうど雨が振り出し、急いで自宅に戻って車に乗り換えて私は無印良品で店の備品の買い出し、息子は川越で見つからなかったガチャガチャを求めてOZの上から下まで、ガチャというガチャを見て回り、徒労に終わり、店に荷物を降ろして明日の準備。ポストカードの袋詰め作業を1枚1円で請け負った息子は、120枚をあっという間に袋詰め。
「月のお小遣いを考えたら、えらい高い時給だね」「本当の内職だったら、1枚50銭ぐらいだよ」と言いつつも、母の仕事の手伝いを意外にも楽しそうにこなす息子に、たまにはこういうのも悪くない、と思ったり。


by curious_fumiko | 2010-11-16 01:42 | 小旅行