祭りの秋。イベントの秋。

10月に入り、今年もあと3ヶ月で終わりだと思うと、寒い春と暑く長い夏を経て迎えたこの秋の到来が何とも愛おしいのだけれど、公私ともに周囲含めて様々なイベントが目白押しで、あっという間に過ぎてしまいそうな実りの秋。

今日は、どういう訳だかメンバーに選出されてしまった地元の軽可搬ポンプ操法大会の初めての練習。
そんな大会があること自体、今回初めて知ったのですが、練馬区では3消防署の管轄毎に開催され、地元・石神井消防署管内では去年は13防災会から15隊、一昨年は10防災会から12隊が参加したそうです。自転車で近所に出かける際、あちらの隣町やこちらの隣町にも立派な防災倉庫を見かけますが、いずれの町会の名前も見当たらず、正直張り合いがない感じがしますが、指導に来てくださった石神井消防署の方々はとても親切に「軽可搬ポンプ操法」の手順を指導してくださいました。練馬区では280以上の防災会があり、中には毎月1回可搬ポンプの点検をしている町会もあるそうですが、大抵の町会や防災会は自治体から支給された軽可搬消火ポンプを倉庫に入れたままにしているのが現状だそうで、毎年少なくとも1回以上ポンプを出して大会の練習をしていることになる石神井公園団地管理組合防災会は、大会に参加していない大半の防災会と比べれば、比較的防災意識が高い、いうことになるのでしょう。
とはいえ、急遽任命された今回のお役目、本番の今月24日(日)まで改めてメンバーが集まれる時間がほとんどなく、あとは去年のDVDを見て復習して、当日声出し練習をしてぶっつけ本番!というのが現状。果たしてどうなることやら?

来週の土日、9日・10日は近所の早稲田大学高等学院の学院祭
すぐ裏に住んでいながら一度も観に行った事がないのだけれど、毎年上石神井駅から学院の方向へものすごい数の人の波(特に女子高生が大勢!)が出来るので、秋の風物詩の一つになっていたりします。
今年から中学部ができて、新設された建物もあり、息子と一緒に見学してみたいと思ってはいるものの、どうやら息子は野球の大会や練習試合が重なっている模様。
今年は第60回ということで、学院生たちも気合いが入っているようで、今日も夜に裏の方を通ったら、明かりの付いている部屋がかなりありました。

16日(土)・17日(日)は石神井氷川神社のお祭りがあるので、地元商店街でも御神輿の担ぎ手を募集しているので私も協力を要請されたのですが、16日(土)は一緒に店をやっている妹の次男の保育園の運動会なので店番は私だけ、17日(日)は石神井公園団地周辺にて開催される石神井小の学童クラブのお祭りの手伝いを頼まれているので、御神輿は担げそうもない状況。

そして次の日曜日は上述の軽可搬ポンプ操法大会。
ああ、今年ももみじ市に行けないじゃないか(涙)
午後から行けばいいっちゃいいのだけれど。

更に次の日曜日は、年に3回ほど開催しているお店のイベントで、臨時営業。

・・・と地元のあちこちでイベントがたくさん、の10月です。


by curious_fumiko | 2010-10-03 23:13 | 日々のいろいろ